2019.2.9SAT~2.17SUN

​ビラ青山

千秋楽翌日から取り壊される、
裏参道のアパート「ビラ青山」。

アパートを一棟使い、
mizhenと9組のアーティストで
様々な“おわり”を紡ぐ、9日間。

 

\入場無料スペース /

\多彩な日替わりゲスト /

\早川千絵監督による映像作品化 /

5.png

\千秋楽翌日から解体決定 /

\滞在制作/

\テーマは「おわり」 /

1.png
4.png
2.png
3.png

​❶〜❺の番号をクリック

\new 株式会社SAMPOのモック!

「ビラ青山」4つの部屋のご紹介

【102号室】
mizhenの演劇を上演する部屋

​【101号室】
ことばの展示の部屋(入場無料)

【201号室】
日替わりゲストアーティストの部屋

【202号室】
滞在制作部屋(非公開)

​※当日は撮影カメラが入る可能性があります、ご了承ください

 

102号室 mizhenの部屋

​「渋谷区神宮前4丁目1の18」

岸田國士の傑作戯曲『命を弄ぶ男ふたり』に着想を得たmizhenの新作演劇を上演します。
自殺を図る、女ふたり。

女たちが見る世界とはー

☆この作品は、TPAMフリンジに参加しています。

​脚本・演出

​藤原佳奈

出演

佐藤幸子 佐藤蕗子

​原案

​岸田國士「命を弄ぶ男ふたり」

​上演日程

9日(土)14:00/18:00/20:00

10日(日)11:00/14:00/18:00/20:00

11日(月・祝)11:00/14:00/18:00/20:00
12日(火)14:00/19:00/21:00

13日(水)14:00/19:00/21:00

14日(木)14:00/19:00/21:00

15日(金)14:00/19:00/21:00

16日(土)11:00/14:00/18:00/20:00

17日(日)13:00/16:00/18:00

※受付開始は上演時間の30分前、開場は15分前

※上演時間は約60分を予定しております。

​チケット料金

 前売 3,000円

※ご予約の上、当日精算のみのお取り扱いです。

※当日券については、残席がある場合のみ販売いたします。公演が近づきましたらツイッター、HP等をご確認ください。

※未就学児不可

​ご予約

WEB予約【Corichチケット】

メール予約

件名を「チケット予約」とし、本文に①お名前②​日程③枚数④お電話番号を明記してください。こちらからの返信をもって、予約完了となります。

ラストナイトパーティーに参加できるチケットはこちら!

クラウドファンディングで1万円以上ご支援
mizhen、ゲストアーティスト(一部)と交流できるラストナイトパーティーにご招待!!

 

101号室 ことばの展示の部屋

「おわりのことば、」展

藤原佳奈による「おわりのことば、」展を開催します。
「おわり」をモチーフに、さまざまな絵画、写真、音楽などから、
藤原が “妄想” した言葉の展示。
入場無料で、どなたでもご覧いただけます。

 

201号室 日替わりゲストの部屋

「おわり」をテーマにパフォーマンス
 
安田登.jpg
目黒陽介.jpg

201号室では、能、ドローイング、音楽からジャグリングまで、mizhenの愛するさまざまなアーティストに開放し、何かの「おわり」をテーマに、パフォーマンスを行っていただきます。まったく異なる感覚から描かれる「おわり」をぜひ体感してみてください。

※ゲストパフォーマンスは30分

名称未設定-27.jpg

mizhen作品とのはしごも

おすすめです♩

​←【タイムテーブル】クリックすると開きます

​各アーティストの予約は、各アーティストのTICKETボタンのメールフォームまたはWEBページ、電話からご予約をお願いいたします。

※​受付は上演の30分前、会場は15分前です。

無料でご覧いただけるスペースもございますので、どうぞお早めにご来場くださいませ。

2.9 sat  ウタウタイ:玉井夕海
①13:15-13:45 ②19:15-19:45

料金:無料(要予約)

「終わり」という言葉を見たり聞いたりするとそれだけで苦しくなる私であるのに、「終わり」を任されることの多い人生なのは何故だろう。といつもお腹が痛くなりながら準備を致します。書きながらいまもとても苦しくなきそうです。ああどうしてかなあ。

2.10 sun  音楽家/美術家:武徹太郎 

①15:15-15:45  ②19:15-19:45

料金:1,500円(小学生以下無料)
予約方法:メールにて「名前」「日時」「枚数」をご連絡ください

2.11 mon  ダンス劇作家:熊谷拓明  

①13:15-13:45 ②19:15-19:45 

ダンス劇作家として、ダンス劇俳優として、その時の僕の最善の在り方を当日お見せ出来たらと思います。
裏参道フェス-おわりと、にお誘い頂けた事に本当に嬉しさを感じております。
皆さまビラ青山でお待ちしております。

料金:2,000円
予約方法:メールにて「名前」「日時」「枚数」をご連絡ください
予約方法:メールにて「名前」「日時」「枚数」をご連絡ください

2.12 tue  落語家:柳家緑君 

①15:15-15:45 ②20:15-20:45 

料金:1,500円(当日1,800円)

日本の伝統芸能の落語を流行の発信地で聴いていただきたいです。
裏参道フェスで是非落語に触れてみてください。ここから始まります。

予約方法:お電話にて「名前」「日時」「枚数」をご連絡ください

2.13 wed  ダンサー:米澤一平 

①15:15-15:45 ②20:15-20:45

mizhenファンとして、この企画に参加させて戴けることを光栄に思います。『おわり』に思いを巡らせ、さいごの刻を、あの部屋で過ごしましょう。

料金:1,500円
予約方法:メールにて「名前」「日時」「枚数」をご連絡ください

2.14 thu  造形作家:澤奈緒 

①15:00-16:00/②20:00-21:00

料金:投げ銭

とても不思議なご縁が重なり、急遽参加させていただくことになりました。長年自殺衝動に苦しめられ、最近ようやく生還の手応えを感じられるようになったばかり。霊的な化身になりきるワークショップを通じて、建物の「おわり」の声を聞きながら命の再生へ繋げていく、そんな時間にしたいと考えています。

予約方法:メールにて「名前」「日時」「枚数」をご連絡ください

「平成」が終わる今年、さまざまな「終わり」が意識される年になりそうです。このアパートの終わりに、人の生の終わりに関することをしたいと思っています。

名称未設定-2.jpg

2.15 fri  能楽師:安田登

①15:15-15:45 ②20:15-20:45※ 

料金:投げ銭

(※夜の回のみ with 浪曲師:玉川奈々福)

WEB
予約方法:安田登 公式WEBページにて、詳細ご確認ください
o0960096013771500028.jpg

2.16 sat  即興音楽:SLOPE UP SESSION CLUB

①15:15-15:45 ②19:15-19:45 

料金:1,500円(当日2,000円)
★振る舞い餅付き!

きっと取りこぼす程の出会いがあると思います。そんな素敵なことはありません。

予約方法:メールにて「名前」「日時」「枚数」をご連絡ください
ks-9968.jpg

2.17 sun  ジャグラー:目黒陽介 

①14:15-14:45 ②17:15-17:45

普段、人と一緒にやることが多いのですが、今回初めてソロで30分の新作を上演する予定です。 このタイミングで話が来ていなかったら、きっとずっとやる機会がなかったであろうと思うと人生はタイミングなのだな、と改めて感じます。 最後の日に最初の作品を。

料金:2,500円(当日3,000円)
予約方法:メールにて「名前」「日時」「枚数」をご連絡ください
 

映画監督:早川千絵

「おわり」にまつわる諸々を映像記録として残して欲しい。そんな依頼を受けたとき思い出したことがある。二十年以上前に父が他界した日。お盆の真っ最中だったため通夜・葬式の日程を数日延期した。その間特にやることもなく暇だった私と姉は、父の昔の写真を集めてアルバムにまとめた。その時その場所に確かに存在していた父の一瞬間が一枚の紙切れにフリーズして残されているという不思議。私と姉は夢中になって父の写真を眺め、選んだ。父の人生の断片・イメージを反芻する行為は切なくも愛しい、まさに喪の作業だった。
イベントが終わった翌日に取り壊されてしまうというビラ青山。この場所に縁あって集った人々が表現するそれぞれの「おわり」を、"確かにそこにあった"と感じられるような映像に残したいと思っている。

202号室 mizhenの滞在の部屋

 
 

早川千絵監督による

「おわり」の祭りを映像作品化!

          にて

クラウドファンディング実施中!!

FESロゴ.png
FESロゴ.png

早川千絵/映画監督

NYの美術大学School of Visual Artsで写真を専攻。短編『ナイアガラ』が 2014 年カンヌ映画祭シネフォンダシオン部門入選、ぴあフィルムフェスティバルでグラ ンプリ受賞、他国内外多数の映画祭で高い評価を受ける。ギリシャで現地スタッフと制作した短編『BIRD』が2016年アテネ国際映画祭入選。2018年、是枝裕和監督が製作総指揮のオムニバス映画『十年 Ten Years Japan』の一編『PLAN75』の脚本・監督を手がけた。http://www.kujiraoffice.com

​主催からのメッセージ

ひょんなご縁で出会った、アパート「ビラ青山」。2月18日で取り壊されてしまう、ということを聞き、このアパートも“終わる”のか。と、ドキリとしました。

「平成が終わる。」

ただ年号が切り替わるだけのはずなのに、わたしには、このワードが、なぜだか思ったよりもインパクトがありました。
昭和62年に生まれ、わたしの記憶には、「平成」のことしかありません。 
親もいつか死ぬ、自分も死ぬ、さっきも蟻を踏み潰した、命がおわる、恋人とも友人とも関係はおわる、生きてるかぎり、すべて、いつかはおわるー 
30歳を超えてから、「おわる」ことに向き合う機会が増えたからか、少しセンシティブになっているのかもしれません。

たくさんの人との偶然の出会いがつながって、この、「おわり」を迎えるアパートで、
アパートをまるごと使って、異ジャンルの大好きなアーティストにお声かけして、「おわり」のお祭りをすることにしました。 
そして、二度とは体験できないこの「おわり」を、記録したい、と思いました。

私は、いつも、
【空間に、わかりやすく可視化されないけど、確かにそこにあって、体が揺さぶられるもの】
が出現する時間を大事に作品を創作してきましたが、 
お声かけした大好きなアーティストも、ライブならではの身体を愛している方ばかり。 
それを、“映像化する” ことはなんだか矛盾しているかもしれませんが、
大好きな早川千絵監督とともに、“体感を映像化する”という挑戦をしてみたいと思っています。

この体感、本当はぜひ、現場で味わってほしい。
でも、映像にすることで、いろんな場所に、届けたい。

是非、一緒にプロジェクトを作りませんか?
応援よろしくお願いいたします。 

mizhen主宰 藤原佳奈

次世代アクティブアーキテクツ:SAMPO

服を着るように「空間」を着る。移動する部屋・モバイルセル(MoC)と一緒に、共同代表の塩浦一彗氏が「裏参道フェス」に引っ越してきます。ビラ青山の「おわり」に寄り添って住まいながら、ビラ青山のおわりを追悼するパフォーマンスを行い、さらに廃材をMoCとして生き継ぐ??

SAMPO Inc.(サンポ)/今を生き辛くし、「虚構」の上に成り立つ既存のシステムから「他者、場所、時間」の極地である「家」を解き放ち、お金や場所に縛られない生活空間を提供する、次世代アクティブアーキテクツ。 動く聖域「MOC」とインフラとコミュニティの基盤である「HOC」による、人、住居、コミュニティ、都市が移動する未来。貨幣経済、宗教や法律等の虚構を俯瞰し、オンラインやVRではないHyper Realな生の人間の営みを構築する。https://www.sampo.mobi/

●塩浦一彗(しおうら・いっすい)/建築家 
1993年生まれ現在25歳。3.11の二日後、親に飛ばされミラノに避難。いつの間にか6年間 ヨーロッパにいてしまう。ミラノの高校を卒業しロンドンに渡りUCL,Bartlettで建築を学ぶ。2016年に帰国し建築新人戦2016最優秀新人賞受賞。その後、建築事務所に就職。都市計画等Internationalなプロジェクトに携わるが、Top downの都市の開発に疑問を覚え、元々興味を持っていた動く家、対話するための現代版茶室、家賃を払わなくていい家を体現するためにSAMPOを村上大陸と立ち上げ今に至る。

♫SAMPO Mocでのパフォーマンス(2/10 16:00-18:00)

アパート横にドッキングするSAMPOのMoCでライブパフォーマンスが行われます。

Bucci’s Brew Project /Jazz・Rare groove をベースに、Hip Hop・Trip Hop・House Music・Techno Music・Drum & Bass・Break Beats・ World Music など様々な音楽的要素を取り入れて進化した、90 年代を代表するサウンド Acid Jazz。 その黎明期よりサウンドメイクしてきた Jazzbrothers の Yama a.k.a.Sahib と繊細で美しいメロディを奏でるトランぺッター Bucci が、数々のアルバムを制作/リリースしてきた NY 在住のベーシスト中村照夫をプロデュー サーに迎え、未来的エクスペリメンタルな Jazz をクリエイト。幾多のレコーディング、再アレンジ、コラージュ を経て完成した本作品は、まさに Acid Jazz へのアンサーサウンド。 世代を超えたミュージシャン達がアブストラクトでグルーブするサウンドは、決して懐古主義ではなく未来への挑戦である。 

​会場

ビラ青山(渋谷区神宮前4丁目1−18)

※専用駐車場がございませんので、

公共交通機関をご利用ください。

​お問い合わせ

mizhen(ミズヘン)
mizhen.info@gmail.com
 
070-3300-6833

※つながらない場合は、お手数ですが留守電にお願いいたします。のちほど、担当者よりご連絡いたします。